FPファイナンシャルプランナー2級独学

ライフプランニングの手法

ライフプランニングの手法

ライフプランニングの手順

ライフプランニングの実施は次の手順ですすめる。

ライフプランニングの手順

  1. クライアントとの信頼関係の構築
  2. 顧客データを集め、目標を明確化
  3. 2のデータをもとに、ライフイベント表、キャッシュフロー表、個人バランスシートを作成し、現在の問題点を分析。
  4. 問題解決のため、対策とプランを作成
  5. プラン実行を支援
  6. プランを定期的に見直す。

*ライフプランニングは、1年に1回くらいの見直すことが理想。

 

ライフプランニングを行うときに使うツール

  • ライフイベント表
  • キャッシュフロー表
  • 個人バランスシート

 

ライフイベント表

ライフイベント表とは、家族の将来的なライフイベントと、それらライフイベントを実現するために必要な資金の額を時系列でまとめた表のこと。ライフイベント表を作成することで、将来の目標や夢がはっきりする。

 

*ライフイベント作成時に、クライアントはつい盛り上がってあれもこれもと夢を膨らませてしまう。しかし、そうすると現在の資金では実現不可能ということになる。だからといって、FPは客の願望を否定してはいけない。客の希望を実現する方法を考えるのがFPの仕事である。

 

キャッシュフロー表

キャッシュフロー表とは、ライフイベント表と現在の収支状況をもとに将来の収支状況と貯蓄残高をまとめたもの。

可処分所得

キャッシュフロー表の収入欄には、一般的には可処分所得を記入する。
可処分所得=年収−(社会保険料+所得税+住民税)
社会保険料とは、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などのこと。

 

個人バランスシート

一定時点の、資産と負債のバランスをとるための表のこと。

資産 現金、現金、預貯金、株式、投資信託、生命保険の解約返戻金相当額、土地、建物、自動車など
負債 住宅ローン、自動車ローンなど
純資産 資産合計から負債合計を引いた資産額

*資産と負債の額は、分析時点での時価。

 

資金計画を立てるときに使う6つの係数

元の数値×対応する係数=知りたい数値

 

終価係数【複利】

しゅうかけいすう

現在の金額を、一定期間、複利運用した場合の金額を求める際に使う係数。

例:300万円を年利3%で運用した場合の10年後の金額は?

現価係数【複利】

げんかけいすう

一定期間経過後に、目標金額にするために、用意するべき元本を求める際に使う係数。

例:年利3%で10年後に500万円を用意する。元本の額はいくら必要?

年金終価係数【積立】

ねんきんしゅうかけいすう

毎年、一定金額を複利運用しながら、積み立てた場合に将来いくらになるかを求める際に使う係数。

例:年利3%で毎年100万円ずつ10年積み立てるといくらになるか?

減債基金係数【積立】

げんさいききんけいすう

*減債とは:債務を減らすこと。

 

一定期間が過ぎた後、一定の金額を受け取るには、毎年いくらずつ積み立てれば良いのかを求める際に使う係数。

例:10年後に1000万円を用意したい。年利3%で毎年いくらずつ積み立てれば良いか?

資本回収係数【取り崩し】

しほんかいしゅうけいすう

一定金額を一定期間で取り崩す場合、毎年の受取額を求める際に使う係数。

例:1000万円を年利3%で運用しながら10年かけて取り崩す場合、毎年の受取額は?

 

年金現価係数【取り崩し】

ねんきんげんかけいすう

一定金額を一定期間にわたり受け取るためには、いくら元本があれば良いかを求める際に使う係数。

例:これから10年間、毎年100万円ずつ受け取りたい。年利3%でいくら元本を用意すれば良いか??

 

トップへ戻る